自動車メーカーなどの最新ニュースをわかりやすく解説

日常点検をしよう

誰でも簡単に車の日常点検をする事で、更に毎日のカーライフを充実して過ごすことができます。
どうしても興味が無いと懸念しがちな日常点検を分かり易く説明します。

車を所持するユーザーには日常点検と定期点検を行なう義務があります。日常点検とは走行距離やその他の状況を判断して、適切な時期にエンジンオイルの確認、ブレーキオイルの確認などを目視、整備することをユーザー自らが行なう事を指します。
定期点検では整備工場などに持っていき、1年、2年間隔で点検を行なってもらう事を言います。

車
日常点検で行なうべき事
【エンジンルーム】
エンジンルームではウインド・ウォッシャ液、ブレーキ液、バッテリ液、冷却水、エンジンオイルの5ヶ所確認します。またエンジンルームの点検はエンジンが冷えている走行前に行ないましょう。

【車周りの点検】
車周りはタイヤの空気圧、タイヤの亀裂や損傷、異常な摩耗、タイヤの溝の深さ、ランプ類の点灯・点滅、レンズの汚れ、損傷などを見ましょう。

【運転席】
運転席はブレーキペダルの踏み降ろしやブレーキの効き、パーキングブレーキレバーの引きしろ、ウインド・ウォッシャーの噴射状態、ワイパーの拭き取り状態、エンジンのかかり具合や異音、エンジンの低速・加速の状態を確認します。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。