自動車メーカーなどの最新ニュースをわかりやすく解説

800cc ディーゼルエンジンを開発 マルチ・スズキ

エコノミックタイムスの発表によると、マルチ・スズキが今年度中に『セレリオ』に搭載するディーゼルエンジンの開発をするそうです。
今回開発を発表したのは世界最小を目指した800ccのディーゼルエンジン。
これが実現すれば、現在シボレー『Beat’s』に搭載され世界最小となっている1000ccを更新するディーゼルエンジンの誕生になります。
エンジンはグルガオンの工場で生産されているらしく、燃費性能も30km/リットルに近いということで低燃費が期待されます。

自動車の売り上げは燃費が左右するとまで言われており、今までも各社がその工場に力を注いできました。
最も話題とされたのがホンダのシティ。26km/リットルの燃費を誇り、それが成功に繋がったとみられています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。