自動車メーカーなどの最新ニュースをわかりやすく解説

重量オーバーを実名告発

日本高速道路保有・債務返済機構と中日本高速は重量オーバーで高速道路を走行していた運転者と雇用主の実名を公表し、各県警本部に告発しました。

道路法の車両制限令に違反し、告発されたのは丸和運輸倉庫の社長と大型トレーラーの運転手です。建設資材を積んだ大型トレーラーで乗り入れようとした際、制限値の2倍を超える、車両総重量50.45トンで走行した疑いがあります。

乗用車を運転している立場としては、大型車と平走しているだけでも不安感に陥る可能性があるかと思います。それが資材を積んでいる大型トレーラーなどでは、しっかりっと資材が固定されていたとしても、落ちてきたらという不安が多少はあるかと思います。

ましてや制限値を超えているなんて知ったら恐怖のい対象でしかないかと思います。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。