自動車メーカーなどの最新ニュースをわかりやすく解説

車内の熱中症はエアコンで対策するべし!

すでに各地で猛暑日が記録されていますが、自動車の中も熱中症が発生しやすい場所の一つですから対策しておきましょう。

ある実験では、車内の温度が50度以上になったり、ダッシュボードは80度にも達すると言われていますので、エアコンを有効的に活用する必要がありますよ。

車のエアコンには内気循環と外気導入の2種類があるので、これを上手に使い分けて安全かつ快適な運転を楽しみましょう。

車のエアコンは取り込む空気の温度によって差があるため、より冷たい空気を感じたいなら取り込む空気も温度が低い方が良いので、車内の温度が外の気温より高いなと感じたら外気導入を行い、途中で切り替えて使い分けましょう。

熱中症で病院に運ばれるという人も増えていますので、暑い夏のドライブを楽しむための対策が大切なのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。