自動車メーカーなどの最新ニュースをわかりやすく解説

車とコミュケーションできるアプリ開発 ガリバー

ガリバーは2014年8月を目処に、車とユーザー間でコミュニケーションがとれるアプリ「Drive+」を展開して行く事を発表しました。
もちろん本当に話せる訳ではなく、LINEビジネスコネクトを活用しユーザーと車の間で会話しているかの様に情報の取得・コミュニケーションがとれるというサービスで、車に乗っている人なら必ず欲しい機能が満載となっています。

車を停めてからの時間を教えてくれる「停めて何分?」や停車した位置を教えてくれる「車ドコ?」機能が使用出来る予定。
更にこれだけではなく残りの燃料でどれくらいの距離が走行可能か教えてくれる「あとドレダケ?」機能、トラブルの際にロードサービスに繋いでくれるトラブルサポート機能など、便利な機能が多数使えます。

ガリバーはすでに「Drive+」の公式サイトを開設しており、概要を始めとしたサービス内容を分かり易く説明してくれるスペシャルムービーも用意される予定です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。