自動車メーカーなどの最新ニュースをわかりやすく解説

夜間の車ライト、ハイビームが基本?

夜間走行では口ービームを使用する車の方が多いかもしれませんが、道交法第五十二条には、対向車とすれ違ウ時や前方走行車がいる時には減光し、それ以外は原則八イビームを使うよう定められています。

ロービームとハイビームの安全性の違いについて検証した動画も公開されていて、夜間に時速60kmで走行中に障害物と遭遇した時の危険さがよくわかります。

ブレーキをかけて停止した位置は、ハイビームでは障害物から101m手前ですが、ロービームでは障害物との距離がたったの9mしかありません。

最近の車では、ヘッドライトのハイとローが自動で切り替わったり、周囲の明るさに応じて自動点灯されるような機能が標準搭載されるようになってきましたが、走行中の安全を確保するためにも、ハイとローの切り替えをこまめに行うことが大切です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。