自動車メーカーなどの最新ニュースをわかりやすく解説

何故、フロントガラスの上部にはグラデーションがかかっているの?

どの車にも、フロントガラスの上部に青緑色のグラデーションがかかっていますが、このグラデーションにはどんな目的があるのか知っていますか?

車が初めて作られた頃は、フロントガラスは付いていませんでしたが、年々車の性能が向上した事によりドライバーに直接風圧が伝わってしまうため、風除けを目的として車にフロントガラスや屋根が付けられるようになったのです。

現代では風除けだけでなく、外気を遮断したり紫外線を防いだり、断熱効果などの機能により車内の環境を快適にするために高機能化が進んでいるのだそうです。

フロントガラス上部の青緑色はトップシェードと呼ばれていて、陽射しを和らげる機能があり、サンバイザーが無くても快適に運転できるようサポートしているのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。