自動車メーカーなどの最新ニュースをわかりやすく解説

交通データ利活用サービスの提供を開始へ

日立製作所は、道路やバスの事業者向けに交通データ利活用サービスの提供を4月2日から開始するとのことです。

このサービスは、各事業者が持っているバス乗降の統計情報やプローブ情報など交通に関連するIoTのデータから、交通量や輸送需要を分析・可視化して運行計画を立てたり渋滞の対策を行い、業務改善とサービス向上の支援を行うのです。

バス事業者では、バス乗降の統計情報や車両の位置情報を解析して、需要がある地点や需給の状況をグラフや地図で表したり、運行計画の見直しを行い路線の改善を検討する時にこのデータが役立つのです。

高速道路会社の場合にも、道路の混雑状況や所要時間をグラフや地図にして、今後の需要予測に活用することができますし、道路関連の複数の事業で役立たせることができますよ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。