自動車メーカーなどの最新ニュースをわかりやすく解説

レギュラーガソリン130円台に 2年5ヶ月ぶり

資源エネルギー庁は21日、石油製品の店頭小売価格の調査結果を発表しました。
その調査では19日時点でレギュラーガソリンの全国平均価格は1リットルあたり139.6円となっています。
27週連続で値下がりを続けるレギュラーガソリンですが、140円を下回ったのは2012年の8月以降、約2年5ヶ月ぶりとなりました。
さらに2ヶ月前との比較では19.5円の値下がり額となっているなど下落が加速しています。

地域別で見た値下がり幅は最大で東北3.3円、最も値下がり幅が少なかったのは四国の1.7円となりました。
レギュラーガソリン以外にもハイオクガソリン、軽油が共に前週より3.0円安となりました。

ガソリン価格の投稿や燃費管理サービスを提供している「e燃費」によると、1月21日のレギュラーガソリン平均価格は1リットル127円でした。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。