自動車メーカーなどの最新ニュースをわかりやすく解説

ユニバーサルデザイン大賞 N-BOX+車椅子仕様車お披露目

「ユニバーサルデザインのグローカル展開」がテーマである2014年のユニバーサルデザインが東京国際交流館にて行なわれました。

自動車メーカーではトヨタ自動車と本田技研工業の2社が福祉車両を展示。
本田技研工業は昨年にアウォード大賞を受賞した「N-BOX+車椅子仕様車」をお披露目しました。

このN-BOX+車椅子仕様車は実際に福祉現場への調査を行い、介護従事者の声を取り入れた車。
担当者はこの車について「この1台でファミリーで使う時と介護で使う時で切り替えられるところが評価された」と語っています。

さらにこの切り替えタイミングの幅は広く、始めは車椅子仕様を付けなくても車を購入後にオプションとして付けることが出来るそうです。
またその逆も可能で、車椅子仕様をノーマル仕様に戻すことも出来ます。

同時にプレゼンテーション資料も公開され、この車への思いについて「本田宗一郎氏の”人のためになるものを作れ”が開発の根底にある」と語られています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。