自動車メーカーなどの最新ニュースをわかりやすく解説

トラックの違法ライトの実態とは?

夜間に対向車のハイビームで眩しいと感じた経験のある方も多いかもしれませんが、近年ではトラック後輪のライトが眩しいと話題になっているのです。

高速道路の走行中によく遭遇するという事ですが、高速道路ならトラックの後ろに来てしまっても追い越しや車線変更などで対応できますが、一車線のみの一般道ではとても危険だという事です。

車高や着座の位置によってはドライバーの目に直撃してしまう事が考えられますし、眩しいライトは運転操作に支障をきたしたり、それによって歩行者や自転車への対応が遅れてしまうという事も考えられるのだそうです。

車やトラックを運転するのであれば、周囲のドライバーへの配慮を行って違法なライトの取り付けや危険なライトの点灯を行わないようにしましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。