自動車メーカーなどの最新ニュースをわかりやすく解説

セブン銀行、移動型ATMを新開発

セブン銀行は、主に災害時の利用者支援を目的にした「新移動ATM車両」の導入を発表しました。
4年前の東日本大震災の後にもセブン銀行は復旧に時間がかかる地域を中心に移動型ATM車両を複数台派遣し、生活を支えていました。

その後、利用者の声を受け、より使いやすい移動型ATM車を新開発。より使いやすく場所を選ばないで使用できるように改良されています。
新移動型ATM車両はスライドシステムを搭載。ATMを車外に設置できるようになり、今まで乗り込まなければ利用できなかった不便さを解消しました。さらに専用のバッテリーを内蔵する事により電源が無い場所での利用も可能となっています

この新移動ATM車両は3月14日から18日まで、「第3回国連防災世界会議」で実際に利用する事が出来ます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。