自動車メーカーなどの最新ニュースをわかりやすく解説

アイドリングストップは敬遠されがち?その理由とは

環境への配慮や燃費向上を目的として、40年以上前から自動車にアイドリングストップの機能が搭載されていますが、この機能が普及しなかったのは何故なのでしょうか?

アイドリングストップとは、駐停車や信号待ちの時にエンジンを停止させて排気ガスの削減や燃費の節約ができるという機能です。

これを使用する事によって、道路で行った場合に交通の流れに悪影響を与えたり、ちょっとしたタイミングでエンジンが対しする事による不快感を感じる人もいるのだそうです。

アイドリングの機能については日々進歩しており、メーカー側も対策を行っているという事ですし、地球環境のためにもこの機能は必要不可欠だという事ですが、上手に使いこなす事が大切なのだそうです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。